« ウルトラマンが嫌いである | トップページ | 告発社会 »

2007年2月 5日 (月)

春節まじか

 春節まじかなので、犯罪が多くなる時期だ。この時期は出稼ぎに来た人達が故郷を思う時期である。何らかのお金をもって、故郷に帰り、家族親族にお金をあげるのが、出稼ぎ農民の理想だからだ。殆どの労働者は真面目だが、仕事にあぶれた出稼ぎ農民などは、故郷の親戚への面子などから、犯罪に走ることがあるのだそうだ。まあ、どうしても故郷に帰りたいということなのだろう。

 住まいの掲示板によると、近くの庶民向けの大規模団地で、最近2件の強盗殺人があったそうだ。うちの地区もガードマン応募を装って中に入ろうとした不審者、あるいは車でマンション敷地内を物色しようとしている不審者グループを、ガードマンが捕まえて公安に渡している。普段はぼんやりしているガードマンだからこそ、よっぽど怪しい雰囲気だったのだろう。まあ私が住まうマンションは、規模が大きくないので、不審者のチェックがしやすい。開発が終わり、最近は新しい建物がたたないので、内装店の労働者が少なくなって、割と安全だと思う。

 日本だったら、強盗殺人なんてすぐに新聞で大々的に報道されるが、こちらでは報道されないか、小さく新聞に載る程度である。そういう意味で印象の割りに北京は治安が悪く、日本は印象の割には治安がいいのだと思う。

 北京は今年は暖冬である。光がすでにまぶしくて、かなり日が長くなってきて、風がない日は春の気配だ。今年は新年早々波乱ばかりだったが、解決の目途もついてきたし、春節を機に新しいスタートが切れればいいと思う。よい方向に進めればいいなと思う。

|

« ウルトラマンが嫌いである | トップページ | 告発社会 »